本を読み解くWS

ここではPityman「本を読むWS」がどんなものか少しだけお話します。

 

まず台本から一連の数シーンを抜粋します。

それからその抜粋した数シーンを一つの物語に見立てて、

三つのプロセスを踏まえながら、Pitymanでの創作過程同様に読み解いていきます。

 

キーワードは「大きく読む」「中くらいに読む」「小さく読む」です。

「大きく読む」というプロセスは、その物語全体を把握する作業です。

その物語がどんなふうに始まり、どんなふうに終わるのか?

その物語にとって一番大きな出来事はなにか?

そんな作業をわいわいガヤガヤあーだこーだ言いながら皆で読み解いていきます。

 

そして三つのプロセスを通して物語を読み解くことができたら、実際に相手役とシーンを実践して行きます。

 

 台本をどうやって読めばいいのかわからない方、台本に読み方なんてあるの?という方

台本の中で見つけたことを芝居につなげたい方、演劇に少し興味のある方。

どなた様も大歓迎です。是非是非応募してみてください。

 

楽しく色々な発見を通して演劇を出来たらと思います。    

 

 Pityman 山下由